(0)




商品一覧 >  Tシャツ 



SHEENA-STIFF ロゴTシャツ 赤
価格: 3,000円



〜 在庫 〜
サイズS : 残り5点
サイズM : 売り切れ
サイズL : 売り切れ
サイズXL : 残り1点






フジロック2013で先行発売していたSHEENA-STIFF Tシャツがロケット・ショップに新登場!
鮎川さんが惚れ抜いたエピソードで名高いスティッフの象徴にシーナのロゴがドッキングしたTシャツ!パンク/ニューウェイヴ時代の踏み絵的オマージュTシャツです。EVERYBODY ROCK’N’ROLLとさりげなく書かれているのもポイント!
赤地にブルーのサイケカラーは鮎川誠のリクエストによるもの。オシャレに着て下さい!

<サイズ>
着丈 x 身幅 x 袖丈 cm
S:65×48×19
M:68×50×20
L:71×53×21
XL:74×57×22

5、3oz、綿100%、DALUC
※ユニセックス仕様

<在庫状況>
・売り切れておりましたMサイズ再入荷しました。(3/14Update)
・お待たせしました!売り切れておりましたSサイズ、Mサイズとも再入荷しました。(12/22Update)
・Sサイズ売り切れました。(8/24Update)
Fujirock fes 2013.7.28



<STIFF>
「スティッフを知って、レコード会社を始めたくなった。鮎川誠」

1977年のオレの音楽人生はパンク一色だったけど、七八年はいろんな意味で過渡期になっていた。サンハウスが解散して、ロケッツが始まった。メンバーの間での共通の好みを見つけるのが大切になってくる。音楽の価値を共有するのは大切だった。みんなパンクは好きやったし、パンクが俺達にもう一回連れ戻してくれたリンク・レイやジョニーキッド&パイレーツやロネッツなんかがそうだった。それとスティッフのオリジナル二枚に入ってる、レックレス・エリック、ルーガレイター、ルー・ルイス、エルヴィス・コステロ、モーターヘッド、マーティン・ストーンにダムド・・・プリンズリー・シュワルツはパンクより早くから世に出ておったけど、そこからソロになったニック・ロウとか、この二枚は新時代の旗手のショーケース。どれもソリッドで、デルタ・ブルースの進化型ちゅうか現在進行形ちゅうか、とにかくアメリカのルーツ・ミュージックがものすごく土台にあって、フェアポート・コンヴェンションみたいな要素やアイリッシュ、それにイギリスのパブやクラブのシーンのごった煮な状況・・・今日はブルース、今日はトラディショナル・フォーク、今日はレゲエ、明日はムチャやかましいバンドみたいな日替わりでジャンルの連中が出てくるスティッフの二枚のオムニバスには、それこそ音楽の坩堝が反映されていた。STIFF・・・グレイテスト・ヒッツみたいに銘打たれてるのに”いかなるヒット曲も収められておりません”とかシャレが効いているのもよかったね。”ミュージシャンは簡単に死なないんだ”としぶとさをアピールしていた。そんな心意気を感じる。ほんと、スティッフを知って、レコード会社を作りたいと思ったくらいよ。新しい感性だけじゃなくて、レコードに対する愛着も感じさせてくれたレーベルだったんだ。

ー200CD Rock’N’Roll / 鮎川誠 より抜粋



商品一覧